• 使い方ガイド設定
  • 日本語/英語/中国語/韓国語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/ポルトガル語/イタリア語の9か国の言葉に翻訳できます。

Yahoo!翻訳使い方ガイド

Yahoo!翻訳をはじめとするインターネット上の翻訳サービスや、ソフトを使った翻訳は、よく「機械翻訳」と呼ばれています。
この機械翻訳を利用してみたら、おかしな訳文が表示されて、がっかりした経験を持つ方は多いのではないでしょうか。
機械翻訳と人間が行う翻訳は、いくつもの点で異なっています。その特性をつかむと翻訳の精度が上がり、自然な訳文を得やすくなります。翻訳精度を上げるコツをつかんで、Yahoo!翻訳を便利に使いこなしましょう。

機械翻訳のキホンのキ - 日本語と外国語、機械と人の違いを理解する

まず、日本語と外国語の異なる点を考えてみましょう。日本語と英語を比べてみても、これだけの違いが見られます。

日本語 英語
あいまいな表現が多く、明言を避ける
主語の省略が多い
一文が長くなりやすい
無生物は主語になりにくい
結論(話題の中心)が最後
名詞に単数形、複数形がない
定冠詞がない
直接的、断定的な表現が多い
主語は必ず存在する
比較的簡潔で短い文が多い
無生物でも主語になる
結論(話題の中心)が最初
名詞は単数形、複数形で表記が異なる
定冠詞がある

構造や語順、文法などの違いが大きい言語同士の場合、機械がその違いの判断を誤って、おかしな訳文になることがよくあります。このため、言語同士の違いを理解して、間を埋める工夫が必要です。通常話したり書いたりしている日本語をそのまま入力せずに、翻訳するために必要な要素を補うことで、より正確な翻訳が可能になります。

また、機械翻訳と人間が行う翻訳の間にも、大きな違いがあります。

人間は文章を読むときに、「行間を読む」、「文脈から省略を補う」、「誤字脱字から元の言葉を類推する」などの行為を自然に行っています。翻訳をする場合も同様です。 こうした行為を機械で行うのは、非常に困難になります。また、翻訳した文章を修正する「推こう」や「校閲」といった作業も、機械には難しいものです。

Yahoo!翻訳を利用する時に、こうした違いを踏まえて日本語入力を行うと、より正確に翻訳できます。ここでは日英翻訳のコツを紹介しますが、日中翻訳、日韓翻訳でも役に立ちますので、ぜひご活用ください。

Yahoo!翻訳を トップページのお気に入りに追加しよう!

現在ご利用できません。Cookieの設定を有効にするか、 ページを再読み込み、もしくはJavaScriptの設定を有効にしてから、お 試しください。

お知らせ

2015年12月24日
翻訳対象言語に中国語「繁体字」を追加しました。

Yahoo!サービス

調べる

Yahoo!辞書辞書
-国語、英和、和英
Yahoo!カテゴリカテゴリ
-翻訳、通訳のサービス
-自動翻訳サービス
Yahoo!知恵袋知恵袋
-言葉、語学